国内外ニュース

地中海で移民81人が死亡・不明 船の遭難相次ぐ

 【ジュネーブ共同】国際移住機関(IOM)は9日、先週末から地中海で移民・難民を乗せた船の遭難が相次ぎ、計81人が死亡・行方不明になったと発表した。北アフリカから地中海を渡り、欧州を目指す「地中海ルート」の密航は減少傾向だが、今年は年明けからハイペースで、国連の人道支援機関などが警戒を強めている。

 IOMによると、遭難が相次いだのはリビアからイタリアを目指すルートで、6日にはイタリア沖で150人を乗せたゴム製ボートが難破し、64人が死亡・不明になった。シエラレオネ、マリなどからの移民で、子どももいた。

 リビア沖でも先週末に遭難があり、12人が犠牲になった。

(1月9日21時26分)

国際(1月9日)