国内外ニュース

「一番福」に受験目前の高3 西宮神社恒例の福男選びに5千人

 西宮神社の「開門神事福男選び」で、本殿を目指して一斉に駆けだす参加者ら=10日早朝、兵庫県西宮市  西宮神社の「開門神事福男選び」で、本殿を目指して一斉に駆けだす参加者ら=10日早朝、兵庫県西宮市
 商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社、西宮神社(兵庫県西宮市)で10日早朝、門から本殿まで約230mの間を走り抜け、一番に参拝しようという「開門神事福男選び」があり、同県芦屋市の高校3年佐藤玄主さん(18)が先頭で本殿に飛び込み今年の「一番福」となった。目前に大学受験を控え、開門を待つ間も勉強していたという。

 西宮神社によると、午前6時の開門を約5千人が待ち構えた。太鼓の音でスタートすると、くじで選ばれた最初の108人を皮切りに全力疾走していった。

 二番福は兵庫県明石市の高校3年竹内紘生さん(18)、三番福は同県川西市の消防士で渡部涼さん(25)だった。

(1月10日12時36分)

暮らし・話題(1月10日)