国内外ニュース

13日にかけ断続的に大雪 日本海側、新たな低気圧も

 日本列島周辺は冬型の気圧配置が続き、10日は日本海側を中心に雪や風が強くなった。新たな低気圧も発生する見込みで、気象庁は13日まで断続的に大雪になる所があるとして、警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、千島列島付近に低気圧、大陸に高気圧があり、西高東低の冬型の気圧配置になっている。11日には北海道の西の海上に新たな低気圧が発生し、発達しながら北海道付近を通過する見込みで、北海道から九州の日本海側や山沿いを中心に、13日まで断続的に大雪になる可能性がある。

(1月10日18時03分)

社会(1月10日)