国内外ニュース

日本海側中心に大荒れ 13日まで大雪や高波に警戒を

 日本列島は11日、強い冬型の気圧配置が続いた影響で、日本海側を中心に大荒れの天気になった。気象庁は、13日まで大雪や高波などに警戒するよう呼び掛けている。

 気象庁によると、北日本の上空約5千mには氷点下36度以下の寒気が流れ込み、北海道の西海上の低気圧が12日夜にかけて発達しながら北海道付近を通過する。

 11日昼までの24時間降雪量は東北から中国地方の日本海側で40センチ超。この影響で山陽新幹線が遅れたほか、各地在来線でも運休などが出た。

 12日午前6時までの予想降雪量は、北陸70センチ、北海道50センチ、東北、関東甲信、東海40センチとなっている。

(1月11日12時19分)

社会(1月11日)