国内外ニュース

高齢者施設元代表に禁錮2年求刑 長崎市、5人死亡の火災

 長崎市の認知症グループホーム施設で2013年、高齢の入所者5人が死亡した火災で、業務上過失致死傷の罪に問われた運営会社「アイ・エル・エス」(同市)の元代表枡屋幸子被告(66)の公判が11日、長崎地裁(小松本卓裁判長)で開かれ、検察側は禁錮2年を求刑した。

 被告は起訴内容を認めており、弁護側は執行猶予付きの判決を求めて結審した。判決は2月1日。

 起訴状によると、火災は13年2月8日夜に発生。スプリンクラーを設置せずに入所者の安全確保を怠り、煙を充満させて当時77~90歳の女性5人を一酸化炭素(CO)中毒などで死亡させ、ほか5人にけがを負わせたとしている。

(1月11日10時54分)

社会(1月11日)