国内外ニュース

カヌー連盟会長、スポ庁に謝罪 禁止薬物の混入問題

 スポーツ庁を訪問し、今里譲次長(右)に謝罪する日本カヌー連盟の成田昌憲会長(中央)ら=11日午前、同庁  スポーツ庁を訪問し、今里譲次長(右)に謝罪する日本カヌー連盟の成田昌憲会長(中央)ら=11日午前、同庁
 日本カヌー連盟の成田昌憲会長が11日、鈴木康大選手(32)=福島県協会=が昨年9月のスプリント日本選手権で小松正治選手(25)=愛媛県協会=の飲み物に禁止薬物を混入させた問題の経緯などを報告するため、スポーツ庁を訪問し、「こんな大騒ぎなことをしでかして誠に申し訳ございません」と謝罪した。

 スポーツ庁は実態を把握し、他競技を含めた再発防止につなげたい考え。対応した今里讓次長は「スポーツに関心が向いている時期にスポーツの価値を損ねる出来事が起きてしまったことは非常に遺憾」と述べた。

 鈴木選手はJADAから8年間の資格停止処分を科された。

(1月11日10時54分)

スポーツ(1月11日)