国内外ニュース

ソニー、犬型ロボの新アイボ発売 12年ぶり復活、AIと融合

 ソニーの新しい犬型ロボット「aibo(アイボ)」=11日午前、東京都港区の同社本社  ソニーの新しい犬型ロボット「aibo(アイボ)」=11日午前、東京都港区の同社本社
 ソニーは11日、人工知能(AI)を搭載した新しい犬型ロボット「aibo(アイボ)」を発売した。2006年に旧製品「AIBO」の生産を停止し、ロボット事業から撤退して以来約12年ぶりの復活になる。この製品を核に、AIとロボットの融合に取り組む考えだ。

 東京都内の本社では犬の鳴き声の「ワン」にかけて、午前11時1分から購入者にアイボを手渡すイベントを開催。販売台数は明らかにしていないが昨年3回行ったインターネット予約はすべて40分以内に受け付けを終了した。この日の販売は昨年11月1日に予約した人が対象で、次回は抽選で当たった人に販売する予定だという。

(1月11日11時24分)

経済(1月11日)