国内外ニュース

尖閣接続水域に中国軍艦艇 初の潜水艦、外務省が抗議

 沖縄県・尖閣諸島。手前から南小島、北小島、魚釣島  沖縄県・尖閣諸島。手前から南小島、北小島、魚釣島
 防衛省は11日、沖縄県・尖閣諸島の大正島周辺の領海外側にある接続水域を、潜った状態の外国の潜水艦と中国海軍の艦艇が航行するのを確認した。領海侵犯はなく、いずれも同日午後に接続水域を出た。防衛省は潜水艦も中国軍とみて、海上自衛隊が情報収集と警戒監視に当たった。潜航した外国の潜水艦が日本の接続水域に入ったのは2016年2月以来で、尖閣諸島周辺では初。

 首相官邸は危機管理センターの情報連絡室で情報を収集し、分析。菅義偉官房長官は11日の記者会見で「中国側に関係改善の流れを阻害することがないように強く求めていきたい」と述べた。

 接続水域の航行は国際法上問題ない。

(1月11日19時03分)

社会(1月11日)