国内外ニュース

シャープ、見本市で再建アピール 3年ぶり復帰

 米家電見本市「CES」に参加したシャープの展示会場。8K対応のプロ用カメラで撮影した映像をディスプレーに映し出している=10日、米ラスベガス(共同)  米家電見本市「CES」に参加したシャープの展示会場。8K対応のプロ用カメラで撮影した映像をディスプレーに映し出している=10日、米ラスベガス(共同)
 【ラスベガス共同】米ラスベガスで開催中の家電見本市「CES」に、シャープが3年ぶりに復帰した。業績悪化で2016年から出展を控えていたが、台湾・鴻海精密工業の傘下で経営再建が進み、参加を決めた。今後の成長の柱と見込む超高精細な「8K」の映像技術を展示し、世界から業界関係者が集う晴れ舞台で復活をアピールした。

 ただ8Kを巡っては、韓国LG電子も次世代パネル「有機EL」で世界初となるテレビ向けディスプレーの試作機を出展。シャープが得意とする液晶との競争激化も予想される。

(1月11日17時09分)

経済(1月11日)