国内外ニュース

トヨタ仏工場に400億円投資へ 主力車全面改良に向け設備刷新

 トヨタ自動車がフランスのバランシエンヌ工場の設備刷新に400億円程度を投資することが20日、分かった。2019年にも全面改良する主力小型車「ヤリス(日本名ヴィッツ)」の生産に対応する。近く正式発表する。

 次期ヤリスでは開発や生産の新手法「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を小型車で初めて導入する。このため設備の大幅な入れ替えが必要で、既存工場としては大型投資となる。

 バランシエンヌ工場は01年に稼働、現行ヤリスを生産している。16年の生産実績は約23万8千台で、欧州では最大拠点。設備入れ替え後も生産能力に大きな変更はない見通し。

(1月20日16時29分)

経済(1月20日)