国内外ニュース

パリ、万博誘致断念か 財政事情で仏首相

 万博の登録や認可を監督する博覧会国際事務局=2017年9月、パリ(共同)  万博の登録や認可を監督する博覧会国際事務局=2017年9月、パリ(共同)
 【パリ共同】2025年国際博覧会(万博)のパリ誘致を目指し、大阪市などと争ってきたフランスのフィリップ首相が財政面などの事情から「誘致を断念し、立候補を取り下げる」と関係者に伝えていたことが分かった。21日付の日曜紙ジュルナル・デュ・ディマンシュが報じた。

 フランス政府はパリ郊外サクレーを開催地として、大阪市、ロシア中部エカテリンブルク、アゼルバイジャンの首都バクーとともに博覧会国際事務局(BIE)に立候補を届け出ていた。

(1月21日20時35分)

国際(1月21日)