国内外ニュース

米国の指導力、不支持が3倍に 世論調査、評価が過去最低

 米指導力への支持  米指導力への支持
 【ワシントン共同】米世論調査会社ギャラップは21日までに、米国の指導力に否定的な国・地域の数がトランプ政権下で3倍以上になり、米国の評価が同社調査で過去最低になったとの報告書をまとめた。2年目に入った政権について「外国への影響力行使が一層難しくなるだろう」とし、米外交の弱体化が進むと分析している。

 同社はトランプ政権発足後の2017年3~11月に134の国や地域で世論調査を実施。53カ国・地域で米国の指導力について「支持」よりも「不支持」と答えた人が多く、オバマ前政権下だった16年調査時の15から急増した。

(1月22日17時34分)

国際(1月22日)