国内外ニュース

奈良・春日大社に最初期の日本刀 古伯耆物「安綱」か

 平安時代末期の「古伯耆物」と呼ばれる最初期の日本刀であることが分かった太刀=22日午後、奈良市の春日大社  平安時代末期の「古伯耆物」と呼ばれる最初期の日本刀であることが分かった太刀=22日午後、奈良市の春日大社
 春日大社(奈良市)は22日、1939年に宝庫で見つかった無銘の太刀を修理したところ、平安時代末期の「古伯耆物」と呼ばれる最初期の日本刀であることが分かったと発表した。使ったり研いだりした跡がほとんどなく、日本刀が成立した頃の特徴を伝える。30日~3月26日に国宝殿で展示する。

 春日大社によると、刃長82・4センチ。形状や刃文の特徴から平安時代末期に伯耆国(現在の鳥取県)で作られた古伯耆物と判明。中でも、刀身の古さから、酒てん童子の首を切ったという伝承がある国宝「童子切」(東京国立博物館蔵)で名高い刀工「安綱」作の可能性がある。

(1月22日17時44分)

文化・芸能(1月22日)