国内外ニュース

アフガン難民女性と曲披露 国連でMIYAVIさん

 ニューヨークの国連本部で曲を披露したMIYAVIさん(左手前)とソニータさん(右から2人目)=22日(共同)  ニューヨークの国連本部で曲を披露したMIYAVIさん(左手前)とソニータさん(右から2人目)=22日(共同)
 【ニューヨーク共同】ニューヨークの国連本部のロビーで22日、昨年11月に国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)親善大使に任命された日本人ミュージシャンMIYAVIさんが、ギターの演奏と歌を披露した。米在住のアフガニスタン難民の女性ラッパーも加わった。

 日本の国連代表部が昨年からほぼ毎月、日本人芸術家を紹介しながら「平和」をテーマに行っているイベントの一環。難民高等弁務官を約10年務めたグテレス事務総長はあいさつで「あらゆる芸術には人を団結させ(心の傷を)癒やす力がある」と述べ、芸術は平和に貢献できると訴えた。

(1月23日8時58分)

文化・芸能(1月23日)