国内外ニュース

気象庁、警戒呼び掛け 噴火レベル3に引き上げ

 草津白根山の本白根山が噴火し、火山灰で覆われた山頂付近。中腹はスキー場=23日午後0時10分、群馬県草津町(共同通信社ヘリから)  草津白根山の本白根山が噴火し、火山灰で覆われた山頂付近。中腹はスキー場=23日午後0時10分、群馬県草津町(共同通信社ヘリから)
 草津白根山の噴火を受け、気象庁は火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを3(入山規制)に引き上げて、本白根山の鏡池付近から2キロの範囲では飛散する大きな噴石などに警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、23日午前9時59分に草津白根山を構成する本白根山が噴火した。東京工業大の観測で鏡池付近から1キロ以上飛散する噴石が確認されており、気象庁の観測でも振幅の大きな火山性微動や傾斜計で地盤の動きを計測した。草津白根山の複数の山のうち、本白根山で噴火が起き、職員を派遣して詳しい状況を調査する。

(1月23日13時09分)

社会(1月23日)