国内外ニュース

自動運転隊列トラックの実証実験 静岡・新東名高速で

 自動運転の実証実験で、新東名高速道路を隊列走行する3台のトラック=23日午後、浜松市  自動運転の実証実験で、新東名高速道路を隊列走行する3台のトラック=23日午後、浜松市
 日野自動車などトラックメーカー4社と豊田通商は23日、自動運転技術を活用し、トラック3台が隊列走行する実証実験を静岡県内の新東名高速道路で始めた。運転手が乗るトラックに続いて無人運転車が走る技術の確立を目指す。物流業界の人手不足の解消や労働時間の短縮につなげる。

 浜松サービスエリア―遠州森町パーキングエリア間の約15キロで25日まで実施する。3台が約100メートルの隊列を組んで区間を往復し、他の車への影響などを検証する。

 通信機能を使って先頭の車の運転操作を2、3台目にも伝える仕組み。今回はアクセルとブレーキを自動制御し、ハンドルは人が操作した。

(1月23日17時30分)

経済(1月23日)