国内外ニュース

平昌、開会式は世界平和を発信 観客に毛布配布などの寒さ対策も

 平昌冬季五輪の開閉会式について記者会見する大会組織委の李熙範会長=23日、韓国・平昌(共同)  平昌冬季五輪の開閉会式について記者会見する大会組織委の李熙範会長=23日、韓国・平昌(共同)
 【平昌共同】平昌冬季五輪の大会組織委員会は23日、平昌五輪スタジアムで行われる開閉会式の概要を発表した。開会式では5人の子どもが冒険する物語の設定で、韓国の歴史と文化を紹介しながら、世界中が共に平和をつくっていくことを発信する。

 組織委によると、会場周辺の過去10年の2月の平均気温は氷点下4・5度で強風も吹く。午後8時に始まる式典では、さらに冷え込む見通し。対策として観客全員に毛布やニット帽、カイロなどを配るほか、会場内に暖房が効いた部屋やストーブを設置する。選手への負担を考慮して、2時間程度で終える予定にしている。

(1月23日19時30分)

国際大会(1月23日)