国内外ニュース

グラーツが26年五輪招致へ オーストリア、他自治体と共同で

 【ジュネーブ共同】札幌市が立候補した2026年冬季五輪招致で、オーストリア南部のグラーツがシュラートミングとともに開催を目指すことになった。DPA通信などによると、両自治体の首長が23日に発表した。26年五輪にはシオン(スイス)、カルガリー(カナダ)、ストックホルムも興味を示している。

 グラーツでフィギュアスケートやカーリング、シュラートミングでアルペンスキーを実施するほか、隣国ドイツの既存施設も活用して分散開催する計画で、今後調整が必要とみられる。オーストリアではインスブルックが昨秋の住民投票で招致を否決され撤退した。

(1月24日10時05分)

国際大会(1月24日)