国内外ニュース

東京五輪準備でトップ会談 1年4カ月ぶり、情報共有

 調整会議であいさつする2020年東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長(左)=24日午前、東京・永田町  調整会議であいさつする2020年東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長(左)=24日午前、東京・永田町
 2020年東京五輪・パラリンピックの大会準備に関わる主要機関のトップが協議する調整会議が24日、東京都内で開かれ、大会組織委員会の森喜朗会長、東京都の小池百合子知事のほか、鈴木俊一五輪相、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長らが出席した。16年9月以来、約1年4カ月ぶりの再開となり、進捗状況の情報共有を図った。

 都は施設の整備状況、バスや乗用車を収容する車両基地、機運醸成の取り組みについて報告。組織委や政府からも説明があった。大会予算総額1兆3500億円(予備費を除く)のさらなる削減などが今後のテーマとなる。

(1月24日12時30分)

国際大会(1月24日)