国内外ニュース

米軍、飛行停止明言せず 宜野湾市長、不時着に抗議

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属ヘリコプターの同県渡名喜村への不時着について、宜野湾市の佐喜真淳市長は24日、同県北中城村の米軍キャンプ瑞慶覧を訪れ、海兵隊太平洋基地のクラーク政務外交部長(大佐)に抗議した。クラーク大佐は、普天間飛行場所属機の飛行停止については明言しなかった。

 佐喜真氏によるとクラーク大佐は「県民に不安を与え申し訳ない」とし、徹底的な調査・点検を約束。佐喜真氏は安全が確認されるまでの飛行停止を求めたが「上司に伝える」と述べるにとどめたという。

(1月24日18時04分)

社会(1月24日)