国内外ニュース

ひさし落下し男児軽傷、東京 品川の雑居ビル

 雑居ビルの木製のひさしが落下した現場=24日午後7時5分、東京都品川区  雑居ビルの木製のひさしが落下した現場=24日午後7時5分、東京都品川区
 24日午後5時5分ごろ、東京都品川区南品川で「店の看板が落ちて小学生の頭にぶつかった」と110番があった。警視庁品川署によると、雑居ビルの木製のひさしが歩道に落下して跳ね返り、通り掛かった小学5年の男児に当たった。けがは軽いといい、腐食が原因とみられる。

 品川署によると、付近では当時、小学生の男女8人が帰宅途中で、女児の足にもひさしの破片が当たったが、けがはなかった。

 ひさしはビルの3階と4階の間の高さ約9メートルの位置に設置されていた。ひさしの板は複数枚落下しており、大きいものは長さ約3メートル、幅約40センチで、腐食していた。

(1月24日21時00分)

社会(1月24日)