国内外ニュース

フィギュア、宮原がSP首位 坂本は2位、四大陸開幕

 女子SP 演技する宮原知子=台北(共同)  女子SP 演技する宮原知子=台北(共同)
 【台北共同】欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケートの四大陸選手権は24日、台北で開幕し、女子ショートプログラム(SP)で平昌冬季五輪代表の日本勢2人は宮原知子(関大)が71・74点で首位に立ち、17歳の坂本花織(シスメックス)が自己ベストを更新する71・34点で2位につけた。

 昨年優勝の三原舞依(シスメックス)は69・84点で3位だった。

 アイスダンスのショートダンス(SD)では五輪代表の村元哉中、クリス・リード組(木下グループ)が65・27点で2位発進。ペアSPは五輪代表の須崎海羽、木原龍一組(木下グループ)が56・95点で7位だった。

(1月24日21時14分)

スポーツ(1月24日)