国内外ニュース

大阪空港でボード倒れ、女性軽傷 強風で、重さ500キロ

 手荷物検査場に設置された石こうボードが倒れた現場=24日午後、大阪空港  手荷物検査場に設置された石こうボードが倒れた現場=24日午後、大阪空港
 24日午後1時ごろ、大阪(伊丹)空港北ターミナルの手荷物検査場で、重さ約500キロの石こうボードが強風の影響で倒れ、近くにいた女性警備員(32)が転倒し軽いけがをした。

 兵庫県警伊丹署によると、倒れたボードは手荷物検査場の拡張工事のために設置されており、高さ約4メートル、幅約8メートル、厚さ約1センチ。屋外と検査場を仕切る形で設置されていたという。

 空港を運営する関西エアポートによると、検査場の一部を閉鎖するなどしたが、運航への影響はなかった。

(1月24日22時05分)

社会(1月24日)