国内外ニュース

大阪万博誘致に手応え 訪仏の岡本外務政務官

 【パリ共同】2025年国際博覧会(万博)の大阪誘致を巡り、岡本三成外務政務官は24日、博覧会国際事務局(BIE)があるパリで十数カ国の大使級と相次ぎ会談し、記者団に「大阪からのメッセージを伝え、共感を得られたと思う」と手応えを語った。

 25年万博は日本、フランス、ロシア、アゼルバイジャンの4カ国の都市が誘致を目指したが、フランス政府は断念した。ただ、岡本氏は「フランスからBIEに正式通知があったわけではなく、政府と誘致委員会の間の議論が続いている状況と認識している」と指摘した上で「万が一、フランスが辞退したとしても誘致合戦は楽な戦いではない」と述べた。

(1月25日6時25分)

国際(1月25日)