国内外ニュース

警察の懲戒処分260人 17年、異性関係が最多

 警察の懲戒処分者数の推移  警察の懲戒処分者数の推移
 昨年1年間に懲戒処分を受けた全国の警察官や警察職員は前年より6人少ない260人で、統計のある2000年以降で3番目に少なかったことが25日、警察庁のまとめで分かった。

 処分理由で最も多かったのは、セクハラや盗撮といった「異性関係」の83人で、前年より11人減った。次いで「窃盗・詐欺・横領など」の57人で4人減、「交通事故・違反」の40人で4人増など。「その他の勤務規律違反など」に含むパワーハラスメントは4人。

 処分の内訳は、最も重い免職が32人で、前年より7人減少した。ほかは停職が72人で12人増、減給が122人で4人増、戒告が34人で15人減だった。

(1月25日10時40分)

社会(1月25日)