国内外ニュース

強い寒気で電力需給「厳しい」 東電、節電呼び掛け

 東京電力は25日、強い寒気で首都圏を中心に暖房の利用が増え、午後6時台に管内の電力使用率が「厳しい」とされる水準の96%に達するとの予想を発表した。大雪の22日以降、需給が切迫する状況が続き、他電力から融通を受けるなどしてしのいでいる。東電は家庭や職場での節電を呼び掛けている。

 東電は25日のピーク時に当たる午後6時台に、供給力5227万キロワットに対して需要が5050万キロワットまで高まるとみている。24日は電力融通を受けないと、電力使用率が「非常に厳しい」とされる水準の99%程度になると見込まれたため、他電力に応援を要請し、供給を受けた。

(1月25日10時44分)

経済(1月25日)