国内外ニュース

電子出版が市場の13・9% 成長鈍化も認知広がる

 スマートフォンで漫画が読めるアプリのページ  スマートフォンで漫画が読めるアプリのページ
 2017年の電子出版物の売り上げが約2215億円となり、前年比16・0%増と躍進したことが25日、出版科学研究所の調査で分かった。電子が出版市場全体の約13・9%を占めるまでに拡大した。

 担当者は「電子出版の成長は鈍化しつつあるが、認知は着実に広がっている。特に漫画の売り上げは増えていくだろう」と予測している。

 調査によると、紙と電子を合わせた出版市場規模は約1兆5916億円で、前年比4・2%減。昨年12月の同調査では、紙の漫画単行本やコミック誌の売り上げが10%以上も激減していることが判明したが、その多くを電子が穴埋めし、市場規模を微減にとどめた格好。

(1月25日10時50分)

文化・芸能(1月25日)