国内外ニュース

横浜市が7億円を過大徴税 オフィスビルの固定資産税

 横浜市は25日、複数のオフィスビルの固定資産税と都市計画税の評価額を誤り、2006年度から17年度までの12年間に計約7億1千万円を過大に徴収していたと発表した。加算金などを含め、計約8億8千万円を返還する方針。

 市によると、建物は鉄骨鉄筋コンクリート造りと鉄骨造りの複合構造建築物だったが、鉄骨鉄筋コンクリート造りのみの評価基準を適用したため、課税額が多くなった。

(1月25日13時15分)

経済(1月25日)