国内外ニュース

国内映画、17年興収は歴代2位 洋画好調も邦画優勢のまま

 日本映画製作者連盟(映連)が25日、2017年の全国映画概況を発表した。興行収入の総額は前年比2・9%減の2285億円で、16年(2355億円)に次ぐ歴代2位を記録。邦画の占める割合が10年連続で洋画を上回った。

 邦画の興収は前年比84・4%の1254億円。16年の「君の名は。」(250億円)のような特大ヒットはなく、1位はアニメ「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」の68億円、2位はアニメ「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」の44億円だった。

 洋画は好調で前年比118・6%の1030億円。1位は「美女と野獣」で124億円だった。

(1月25日16時59分)

文化・芸能(1月25日)