国内外ニュース

三菱自、6車種17万台リコール サンルーフ脱落の恐れ

 三菱自動車は25日、サンルーフが脱落する恐れがあるなどとして「アウトランダー」など6車種の計17万5081台(2005年10月~16年2月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

 他の対象車種は「ギャラン」、「ランサーエボリューション」、「デリカ」、「アウトランダーPHEV」、「RVR」。

 一部車両はサンルーフガラスの外枠の樹脂が温度や湿度の変化で劣化し、走行中の振動や風圧によってガラスが落ちる可能性がある。他の車両では後輪ブレーキの部品に規格外のものが使われたため、駐車ブレーキの制動力が低下する恐れがある。この場合、駐車中に動きだす可能性がある。

(1月25日17時39分)

社会(1月25日)