国内外ニュース

今冬一番の寒波、日本海側大雪に 水道管凍結するトラブルも

 厳しい冷え込みの中、厚着して通勤する人たち=25日、東京・丸の内  厳しい冷え込みの中、厚着して通勤する人たち=25日、東京・丸の内
 日本列島は25日、強い寒気と冬型の気圧配置の影響で、日本海側を中心に大雪となった。全国的に気温が平年を大きく下回り、沖縄・奄美を除きこの冬一番の寒さとなった。冬型の気圧配置は27日ごろまで続く見通しで、日本海側は猛吹雪や大雪に警戒が必要だ。

 気象庁によると、北日本(北海道、東北)の上空約千メートルには氷点下36度以下の寒気が流れ込み、東日本、西日本にも強い寒気が入った。

 北海道喜茂別町では最低気温が氷点下31・3度を記録して1月の観測記録を更新。東京都心も48年ぶりに氷点下4度まで下がった。最高気温も全国的に平年より5度前後低い所が多かった。

(1月25日18時34分)

社会(1月25日)