国内外ニュース

首都高社長「深くおわび」 トンネル内10時間立ち往生

 記者会見で謝罪する首都高速道路の宮田年耕社長(右)=25日午後、国交省  記者会見で謝罪する首都高速道路の宮田年耕社長(右)=25日午後、国交省
 22日から降った大雪の影響で首都高速道路のトンネル内に多数の車が約10時間立ち往生したトラブルについて、首都高速道路の宮田年耕社長は25日、東京都内で記者会見し「情報提供や適切な誘導をしなかったことを深くおわび申し上げる」と謝罪した。

 同社によると、トラブルは中央環状線の山手トンネル(東京都品川区―豊島区)であり、22日午後7時半ごろにトレーラーが坂を上れなくなったことで渋滞が発生した。除雪作業などに時間がかかり、翌朝まで立ち往生が続いた。

(1月25日19時05分)

社会(1月25日)