国内外ニュース

逮捕少年「弱い相手探していた」 鹿児島の女子高生刺傷事件

 鹿児島市の公園付近で女子高校生が刺され重傷を負った事件で、殺人未遂などの疑いで逮捕された鹿児島県内の中学校に通う少年(15)が「(襲撃対象として)自分より弱い相手を探していた」という趣旨の供述をしていることが25日、県警への取材で分かった。県警は、動機を調べている。

 県警によると、少年は20日に逮捕される直前にも制服姿の若い女性を尾行する動きを見せていた。「(襲う相手は)誰でもよかった」と供述している。

 現場周辺で見つかった血の付いたナイフは「自宅から持ってきた」と話していることも判明。20日に女性を尾行する前には100円ショップでナイフを購入していた。

(1月25日20時40分)

社会(1月25日)