国内外ニュース

欧州中銀、ユーロ高けん制 ドラギ総裁「不確実性の源」

 ECB理事会後に記者会見するドラギ総裁=25日、ドイツ・フランクフルト(ロイター=共同)  ECB理事会後に記者会見するドラギ総裁=25日、ドイツ・フランクフルト(ロイター=共同)
 【ダボス共同】欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は25日の記者会見で、最近のユーロ高傾向について「不確実性の源だ」とけん制し、相場動向を注視する必要があるとの認識を示した。ただ、総裁はユーロ相場に関し「政策目標ではない」とも述べ、市場は強いけん制とは受け止めず、ユーロは対ドル、円で上昇基調を維持している。

 ドイツのフランクフルトで同日開いた理事会後の記者会見で述べた。理事会では現行の金融政策を維持することを決めた。今月に緩和策を縮小したばかりで、効果を見極めるのが狙い。

(1月25日23時55分)

経済(1月25日)