国内外ニュース

セレブ27人が米大統領批判 パレスチナ支援の一部凍結

 【ロンドン共同】トランプ米政権が表明した国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)への資金拠出の一部凍結を批判する声明を25日、俳優のヒュー・グラントさんや女優エマ・トンプソンさんらセレブ27人が発表した。ロンドンに本拠を置くパレスチナ支援団体「ホーピング財団」の声明に署名した。

 声明には映画監督のケン・ローチさんや音楽家のブライアン・イーノさんも署名。

 「前例のないUNRWAへの攻撃に不快感を表明する」とした上で、パレスチナ人の「権利を奪うことが目的だ」と指摘。「われわれはパレスチナ難民を支持する」とし、国連安全保障理事会に緊急会合開催を訴えた。

(1月26日5時39分)

国際(1月26日)