国内外ニュース

米大統領、TPP復帰を検討 再交渉が条件、方針転換

 トランプ大統領=25日、ダボス(AP=共同)  トランプ大統領=25日、ダボス(AP=共同)
 【ダボス共同】トランプ米大統領は25日、スイス・ダボスで行われた米CNBCテレビのインタビューで、環太平洋連携協定(TPP)への復帰を検討すると表明した。復帰を完全否定する政権の従来方針を大転換し「以前に結んだ協定に比べ、米国にとって、とても良い内容になるならば、TPPをやる」と語り、再交渉を条件に挙げた。トランプ氏が復帰に言及したのは初めて。

 通商政策の柱とする2国間交渉が思うように進まない中、米国を除くTPP参加11カ国が新協定に合意したことに焦りを感じていることが復帰検討の契機になった可能性がある。

(1月26日10時10分)

経済(1月26日)