国内外ニュース

NY円急落、一時109円70銭 米大統領発言で一転円安に

 米ドルや日本円、ユーロなど各国紙幣(ロイター=共同)  米ドルや日本円、ユーロなど各国紙幣(ロイター=共同)
 【ニューヨーク共同】25日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、トランプ米大統領が「最終的には強いドルを望んでいる」と発言したことを受けて一時、1ドル=109円70銭に急落した。

 朝方は24日のムニューシン米財務長官によるドル安容認発言を背景にした円高ドル安基調が継続。午後には一時、昨年9月以来、約4カ月半ぶりの円高ドル安水準となる108円50銭をつけた。

 その後にトランプ氏の発言が伝わると、一転してドル買い円売りが膨らんだ。午後5時現在は前日比22銭円安ドル高の1ドル=109円39~49銭だった。

 ユーロも要人発言で乱高下した。

(1月26日7時50分)

経済(1月26日)