国内外ニュース

4月からの年金据え置き 物価は上昇、家計苦しく

 2018年度の年金額と保険料  2018年度の年金額と保険料
 厚生労働省は26日、2018年度に支給する公的年金額を17年度と同じ水準に据え置くと発表した。物価は上昇しているが、年金額改定の指標の一つである過去3年間の賃金が平均でマイナスとなったためだ。据え置きは2年ぶり。17年度は前年度比0・1%の減額だった。

 この日公表された17年1~12月平均の消費者物価(生鮮食品を含む総合指数)はプラス0・5%と上昇傾向にあり、据え置きだと年金の価値は目減りする。年金収入だけで暮らす高齢者の家計はやや苦しくなりそうだ。

(1月26日11時15分)

経済(1月26日)