国内外ニュース

法隆寺で防火訓練 「絶えず心の戒めとして」と住職

 世界遺産・法隆寺で行われた防火訓練=26日午前、奈良県斑鳩町  世界遺産・法隆寺で行われた防火訓練=26日午前、奈良県斑鳩町
 「文化財防火デー」の26日、現存する世界最古の木造建築として知られる奈良県斑鳩町の世界遺産・法隆寺で、僧侶や消防団員らが参加して防火訓練が行われた。

 訓練に先立ち、焼損した壁画や黒焦げになった柱が保管されている収蔵庫で法要が営まれた。その後、サイレンが鳴り響き、消防車両が到着。境内の鏡池でくみ上げた水を放出し、防火の誓いを新たにした。

 大野玄妙住職は「訓練は毎年のことだが、絶えず心の戒めとして繰り返していくことが大切。今年もお寺の安全をお守りしたい」と話した。

 1949年に法隆寺金堂で火災が起きたことをきっかけに、文化財防火デーが制定された。

(1月26日11時55分)

暮らし・話題(1月26日)