国内外ニュース

マスコットは「レンジー」 ラグビー19年W杯日本大会

 発表されたラグビーの2019年W杯の大会公式マスコット。連獅子をモチーフにした紅白2体の「レンジー」。左が「レン」、右が「ジー」=26日午前、東京都港区  発表されたラグビーの2019年W杯の大会公式マスコット。連獅子をモチーフにした紅白2体の「レンジー」。左が「レン」、右が「ジー」=26日午前、東京都港区
 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は26日、東京都内で大会公式マスコットとして、連獅子をモチーフにした紅白2体の「レンジー」をお披露目した。実績あるデザイナーなど専門家に応募を呼び掛けて選定した。

 レンジーは白い髪で親の「レン」、赤い髪で子どもの「ジー」の2体で構成。ラグビーW杯で公式マスコットを採用したのは1999年大会以来5大会ぶり。組織委はイベントなどで活用することで広く大会の機運醸成を図る。

 27日には、大会チケットの一般向けの抽選販売手続き開始を記念した東京・丸の内でのイベントに登場する予定。

(1月26日12時04分)

スポーツ(1月26日)