国内外ニュース

ラグビー、被災地の子ども招待 釜石開催のW杯2試合で3千人

 2019年に岩手県釜石市で開かれるラグビーワールドカップ(W杯)2試合に、東日本大震災の津波被害に遭った同県沿岸地域の小中学生計約3千人が無料で招待されることになった。県などでつくる実行委員会が26日、発表した。

 参加児童・生徒の多くは震災を経験しており、試合では、復興支援への感謝のメッセージを記した横断幕を掲げる予定。国際的な視野を持ってもらおうと、実行委が大会を統括する組織委員会に申請し、12ある国内の開催会場で初めて招待が認められた。

(1月26日15時50分)

社会(1月26日)