国内外ニュース

「はれのひ」破産、負債10億円 社長謝罪、詐欺の意図否定

 9日、「はれのひ」の福岡市中央区の店舗に張り出された紙を見る女性  9日、「はれのひ」の福岡市中央区の店舗に張り出された紙を見る女性  記者会見する「はれのひ」の篠崎洋一郎社長=26日夜、横浜市中区  記者会見する「はれのひ」の篠崎洋一郎社長=26日夜、横浜市中区
 横浜地裁は26日、成人の日を前に突然営業を取りやめた振り袖の販売・レンタル業「はれのひ」(横浜市)の破産手続きの開始を決定した。同市内で記者会見した破産申立代理人の弁護士は、現時点での負債額約6億3500万円は、最終的に10億円に上る見通しを明らかにした。債権者集会が6月20日に開かれる。

 会見では篠崎洋一郎社長(55)が、問題発覚後初めて公の場に姿を見せ「お客さまをはじめ、お取引先の皆さまに深くおわび申し上げます」と謝罪。突然の休業について、店舗拡大で人件費が増え「成人式当日の着付け費用を支払うめどが立たなかった」と説明した。

(1月26日22時45分)

社会(1月26日)