国内外ニュース

日銀のマイナス金利は見直しを 首相ブレーンの浜田内閣官房参与

 安倍晋三首相の経済ブレーンの浜田宏一内閣官房参与=米エール大名誉教授=が26日までに共同通信のインタビューに応じ、日銀のマイナス金利政策は地方銀行の収益圧迫など副作用があり、見直す必要があるとの認識を示した。

 4月に任期を終える黒田東彦日銀総裁の後任人事については、日本経済を上向かせた手腕を評価し「黒田氏続投が有力な選択肢の一つだ」と述べた。

 日銀は2016年1月、新興国経済の減速による悪影響を防ぐ景気刺激策としてマイナス金利の導入を決定し、短期金利をマイナス0・1%としている。

(1月26日16時49分)

経済(1月26日)