国内外ニュース

児童扶養手当、0・5%引き上げ 18年度、福祉関連手当も

 厚生労働省は26日、ひとり親家庭に支給する児童扶養手当や障害者への特別障害給付金など福祉関連手当を、4月分から0・5%引き上げると発表した。物価変動に合わせて毎年度の支給額が見直されており、2017年平均の全国消費者物価指数(生鮮食品を含む総合指数)が0・5%上昇したことに合わせた。引き上げは2年ぶり。

 児童扶養手当は第1子の月額が4万2290円から210円上がり4万2500円に、第2子は1万40円(50円増)、第3子以降で6020円(30円増)になる。

 このほか、障害のある子どもの親らに支給される特別児童扶養手当や特別障害者手当なども増額する。

(1月26日17時34分)

社会(1月26日)