国内外ニュース

JAXA月回る新基地計画で協力 NASAと、共同声明に署名

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と米航空宇宙局(NASA)は26日までに、米国が掲げる月を回る新たな宇宙ステーションの建設計画で協力し、月面や火星への有人探査を目指すとする共同声明に署名した。

 署名は24日付。声明では、地球を周回する国際宇宙ステーションで築いた関係を生かし、互いに得意な技術を持ち寄り、他の国とも協力して計画を検討したり、技術的に実現可能かどうかを確かめたりするとした。

 実現に向け、NASAは開発中の新型ロケット「SLS」や宇宙船「オリオン」を活用。日本は物資補給機のほか水や空気の浄化装置、放射線防護の技術で貢献することが期待されている。

(1月26日17時50分)

科学・環境(1月26日)