国内外ニュース

五輪代表北朝鮮ペア、初のメダル フィギュア、四大陸選手権

 ペアで3位になった北朝鮮のリョム・テオク(上)、キム・ジュシク組のフリー=26日、台北(共同)  ペアで3位になった北朝鮮のリョム・テオク(上)、キム・ジュシク組のフリー=26日、台北(共同)
 【台北共同】台北で開催されているフィギュアスケートの四大陸選手権で26日、平昌冬季五輪出場が決まった北朝鮮のペアが3位となった。国際スケート連盟によると、この大会では同国初のメダルで、女子のリョム・テオク選手(18)は「ショートプログラムは4位で悔しかったけど、3位になれてとてもうれしい」とはにかんだ。

 フリーではジャンプにミスが出たものの、男子のキム・ジュシク選手(25)がリョム選手を持ち上げるリフトなどで得点を稼ぎ、合計184・98点でこれまでのベストを更新。順位を一つ上げた。表彰式でメダルを首にかけてもらうと、満面に笑みをたたえた。

(1月26日18時55分)

スポーツ(1月26日)