国内外ニュース

脱脂粉乳、当初輸入枠を拡大 人気の機能性ヨーグルト原料

 農林水産省は26日、脱脂粉乳の2018年度の輸入枠を17年度当初より1万4千トン多い2万7千トンにすると発表した。消費者の健康志向を背景に、脱脂粉乳を原料とする機能性ヨーグルトや乳飲料の人気が高まっているため。

 17年度は当初、輸入枠を1万3千トンに設定したが、必要な量を確保できないことが判明し、5月に3万4千トンまで枠を拡大した。18年度については、国内での生産量やヨーグルトなどの製造に必要な在庫量などを考慮して輸入枠を決めた。

 農水省は業界団体の需給見通しに基づき、脱脂粉乳とバターの不足分を輸入している。

(1月26日19時04分)

経済(1月26日)