国内外ニュース

松本文明内閣府副大臣が辞任 米軍機不時着で不適切発言

 松本文明内閣府副大臣  松本文明内閣府副大臣
 松本文明内閣府副大臣(自民党)は26日、衆院本会議で行われた代表質問の際、沖縄県での米軍ヘリコプター不時着を巡って不適切な内容のやじを飛ばした責任を取り、安倍晋三首相に辞表を提出した。首相は受理した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題が争点となる2月4日投開票の同県名護市長選を前に、政権側にとって打撃となりそうだ。首相は後任人事の調整を急ぐ。

 関係者によると、やじが飛び出したのは25日の衆院本会議場。松本氏は米軍ヘリの不時着などを取り上げた共産党の志位和夫委員長の質問に対し「それで何人死んだんだ」などと発言した。

(1月26日20時39分)

政治(1月26日)