国内外ニュース

米「多国間でTPP交渉」 大統領表明、政策転換も

 スイス・ダボスで演説するトランプ米大統領=26日(AP=共同)  スイス・ダボスで演説するトランプ米大統領=26日(AP=共同)
 【ダボス共同】トランプ米大統領は26日、スイス・ダボスでの世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で演説し、環太平洋連携協定(TPP)への復帰を検討する意向を表明した。「全ての国の利益になるならば、TPP参加国と多国間で交渉することも検討する」と述べ、再交渉を条件にTPPに復帰する可能性を示唆した。多国間の自由貿易協定を否定してきたトランプ氏は、政策転換も視野にTPP参加国に米国に有利な条件での再交渉を迫る構えだ。

 米国を除く11カ国での協定発効を優先する日本政府は「現時点では受け入れられない」(関係者)と応じない方針で、米国の復帰へのハードルは高い。

(1月27日1時04分)

経済(1月27日)