国内外ニュース

総務省、携帯4G電波受け付け 楽天と大手3社が申請へ

 総務省は26日、携帯電話会社向けに第4世代(4G)移動通信システムの電波の利用受け付けを開始したと発表した。携帯電話に使う電波の需要が増えているためで、既に申請方針を表明している楽天に加え、NTTドコモとKDDI(au)、ソフトバンクの大手3社が申請する見通しだ。

 楽天は大手3社のように基地局を保有し、自前の回線網を持つ携帯電話会社の設立を目指しており、電波の割り当てを求める申請は必要な手続きとなる。総務省の受け付けは2月26日まで。3月末ごろに割り当て先が決まる。

 4Gは現行、商用化されている中で最高水準の移動通信システムとなる。

(1月26日21時34分)

経済(1月26日)